電子書籍・電子漫画(コミック)ならいつでも書店
  • 使い方
  • ログイン
  • 新規登録
私立いつでも高校/第137話
「バカ」で全国に名を轟かす私立いつでも高校。この、バカすぎる状況を改善すべく、政府は学力向上を目的とした巨大実験施設「いつでも図書館」を設立した。
図書館で一番偉い謎の生物「いつどこ君」が、知のリハビリとして生徒たちに紹介する今回のオススメ本は?
初めての方への教科書

- 第137話 -
番長!!自分を見失う!?の巻
おい、お前!お前は何のために生まれてきたんだよ?
・・・窓ガラスに映った自分に何を問いかけてるの?
おう、ちょっと青春ゴッコやってた。
気持ち悪い!中二病みたいなことやってんじゃないわよ!二十歳が!
ガーン!
いつのリアクションよ!あんた本当は40ぐらいいってんじゃないの?
失礼なことを言うな!俺、よく考えたら恋愛とかスポーツとか青春ぽいことしてないなって思ってさ。
したいの?
ちょっとな。
きも!!
なんでだよ!
だって、あんたが恋愛とかスポーツって。それ、ホラーじゃない?
どういうことだよ!
なんか痛々しい。
フランケンシュタインが恋をする感じだよネー??
否定的な例えを手土産に会話に入ってくるな!俺だって、部活の試合をガールフレンドが応援に来るとかいう青春を過ごしてみたかったぜ!
かわいい子にラブレター渡されたりね。
いいねー!
「いつどこ君に渡してください」ってね。アハハ!
こらー!!誰が、配達係りじゃ!!そんなことあるわけねえだろ!
ソウダヨ!番長は女の子からムカデのように恐れられてるカラネ♪アハハ♪
例えが悪いぞ!!ムカデからは絶対恋愛に発展しないだろ!せめて鬼だろ。
ワカッタヨ、じゃあ鬼ネ♪
やっぱり鬼もやだ・・
アハハ!
番長、こうやって図書室で私たちと笑い合う、これがまさにあなたの青春じゃないの?
しおり先生!・・・俺、さっきから笑ってないんだけど。
アハハ!本当ダネ♪ということで今回紹介するのコチラ♪
最近のお話