電子書籍・電子漫画(コミック)ならいつでも書店
  • 使い方
  • ログイン
  • 新規登録
私立いつでも高校/第32話
「バカ」で全国に名を轟かす私立いつでも高校。この、バカすぎる状況を改善すべく、政府は学力向上を目的とした巨大実験施設「いつでも図書館」を設立した。
図書館で一番偉い謎の生物「いつどこ君」が、知のリハビリとして生徒たちに紹介する今回のオススメ本は?
初めての方への教科書

- 第32話 -
番長、頭のことで悩むの巻
2014/1/10更新
番長、今年も留年決定ね。
う、うるせえ!わざとだ、わざと!こ、これでまた本の匂いをたくさん嗅げるぜ!!
強がってるのがバレバレよ。
強がってなんかいねえ!俺は実際に強いんだ!喧嘩200戦無敗だぜ!
誰もそんな話してないわよ。ほら、少なくとも頭は弱いわね!
しおり先生!そこは馬鹿にしないでもらいてえな。頭突きには自信あるぜ!
本気で言ってるの?あんたと話してると頭が痛くなってくるわ。
頭痛いのか・・・。風邪か?
今すぐ視界から消えて!!バカがうつる!
ハハハ!バカはうつらねえよ~。バカだなあ~。
フフ。相変わらず噛み合わない会話で盛り上がってるネ!
だって、普通の会話でさえも、ままならないんだもの。
・・・なあ、いつどこ君。どこかに頭が良くなる本はないものかな?
どうしたノ??
俺のバカが周りをイライラさせ始めてる。これって良い事じゃねえよな、へへ。俺だってこう見えて悩んでるんだぜ。
か、かわいそう・・番長。ごめんね、言い過ぎたかも。
気にすんなって。さあ、いつどこ君、匂いを嗅ぐだけで頭がみるみる良くなる本紹介してくれよ!
ハァ???

嗅ぐだけじゃだめダヨ!読もうネ。字を読もうネ。ということで!今日のおすすめ作品はコチラ!
最近のお話

詳細

※複数の単語で検索する場合は、単語の間に半角スペースを入力してください。

※複数の単語で検索したい場合は、単語の間に半角スペースを入力してください。