いつでも書店
  • 使い方
  • ログイン
  • 新規登録
私立いつでも高校/第56話
「バカ」で全国に名を轟かす私立いつでも高校。この、バカすぎる状況を改善すべく、政府は学力向上を目的とした巨大実験施設「いつでも図書館」を設立した。
図書館で一番偉い謎の生物「いつどこ君」が、知のリハビリとして生徒たちに紹介する今回のオススメ本は?
初めての方への教科書

- 第56話 -
番長!増える!?の巻
2014/6/27更新
…(読書中)
番長??どうしたの?三島由紀夫の金閣寺なんて読んで!
美しい文章だなあ。
今までの番長ならこんな本読んだら、泡吹いて死んでたのに。
ハハハ!ずいぶん大袈裟ですね!
息の匂いが爽やか!今までだったら、ニンニクソースみたいな匂いしかしなかったのに…。
どんな臭いですか、それは!ハハハ!
は!頭からも柑橘系の爽やかな香りが…今まで油ゴテゴテのリーゼントから漂ってた機械油のような体に悪そうな匂いが消えてるわ。
…ホガ、ウギグ…ダバウ…
急にどうしたの??
アーア、壊れちゃッタカー。
一体全体どういうことなの?
ボンッ!
うわ!小爆発した!
コレはね、番長の複製なんダ。
なぜこんな無意味なものを…
番長に頼まれたんダヨ。夏風邪をこじらせたんだっテ。出席日数足りなくなったら困るから、代役を複製してくれって頼まれテ。
恐ろしい対応力ね…その対応力、もっと他で活かしなさいよ。
よーし、次こそは完璧なクローンを作るゾ♪
そもそも論だけど…人のクローンって作って良いんだっけ?
ということで、今回のオススメはコチラ!
最近のお話

詳細

※複数の単語で検索する場合は、単語の間に半角スペースを入力してください。

※複数の単語で検索したい場合は、単語の間に半角スペースを入力してください。