いつでも書店
  • 使い方
  • ログイン
  • 新規登録
コレさえ読めば小説通!文学賞受賞作品特集
コレさえ読めば小説通!文学賞受賞作品特集
趣味は読書!って、胸を張って言えるようになっちゃうかも★賞を獲るにはワケがある!太鼓判押されまくりの面白さを感じましょう!

バックナンバーはこちらから

コンビニ人間
どんぐりさん
どんぐりさんプロフィール
【出身地】東京
【好きな食べ物】居酒屋
【好きな季節】秋冬
【趣味】日本酒を炭酸で割る

芥川賞史上最高の読みやすさ


【受賞賞】
芥川賞
【作家】
村田沙耶香
【出版社】
文藝春秋
題材がね愛でも恋でも政治でも社会でもない、コンビニですよコンビニ!!文中にこんなにコンビニが出てくる本、今も昔もこの一冊しかないよ!文章も難しくないので軽快に読み進められちゃうし、更に主人公の無機質な気質がある意味非常に電子で読むのに向いてる感じ!3時間くらいで読み終われますしラストの主人公の振る舞いがかなり痛快で読後感も気持ちよいです!これが芥川賞でいいの!?!?!?って、いい意味で思いました!
◆無料試し読み
★この作品を読む
異類婚姻譚
マケミさん
マケミさんプロフィール
【出身地】北海道
【好きな食べ物】ビーフジャーキー
【好きな季節】秋
【趣味】燻製

ひとでなしなあなた


【受賞賞】
芥川賞
【作家】
本谷有希子
【出版社】
講談社
表題を含む4つの短編集です。「人でなしとの日常」というメタファーを通して、「個」と「個」の間にある、不確かだけれど根源的な違和感を明快な言葉で、平易な文章で、日常と非日常の境界を壊し、つなぎ直し、混ぜ返すよう執拗に描いています。物語を読みながら自身の内面の暗くて重い部分を暴かれるような、胃の底がじんわりと冷えるような何とも言えない読後感…。好き嫌いが分かれそうですが怒涛の筆力に圧倒されたい方にはオススメです。
◆無料試し読み
★この作品を読む

火花
けんけんさん
けんけんさんプロフィール
【出身地】明石
【好きな食べ物】お茶漬け
【好きな季節】秋
【趣味】パーティー

映画化も決まった話題の小説


【受賞賞】
芥川賞
【作家】
又吉直樹
【出版社】
文藝春秋
芸人として初めて芥川賞を受賞したピースの又吉直樹が書いたこの作品! 若手芸人と4歳上の師匠との物語です。 どんな時も師匠の突き抜けた発想に追いつきたいと思って必死に面白いことを言おうとする主人公と、それをさらに越えようとする師匠のバチバチした関係がまさに題名のよう!! まさかの急展開が中盤から繰り広げられ、最後はまさかの。。。。 映画化も決まり、話題沸騰中!是非読んでみてください!!!
◆無料試し読み
★この作品を読む
その女アレックス
サキイワさん
サキイワさんプロフィール
【出身地】東京都
【好きな食べ物】うな重
【好きな季節】夏
【趣味】自転車

裏切られたいあなたにオススメ!


【受賞賞】
・本屋大賞翻訳部門
・このミステリーがすごい!/海外部門
【作家】
ピエール・ルメートル/橘明美
【出版社】
文藝春秋
始まりはアレックスが誘拐されるという、オーソドックスな犯罪物の展開を見せていきます。しかし、そもそもこの小説のタイトル「その女アレックス」ってちょっと違和感のあるタイトルだなぁと思い始めたころ、物語は誰も予期しない方向へと変貌していきます。「なんて展開だ!?」と幾度となく驚きながらも、事件を追う警察側のキャラクター達の濃さと物語のテンポの良さでミステリー小説の醍醐味を十分に味わいながらグイグイ読まされてしまいました!裏切られたい人に特にオススメ!
◆無料試し読み
★この作品を読む

まほろ駅前多田便利軒
モリチさん
モリチさんプロフィール
【出身地】大阪府
【好きな食べ物】どて焼き
【好きな季節】晩秋
【趣味】暴飲

変わらない日常なんて無い


【受賞賞】
直木賞
【作家】
三浦しをん
【出版社】
文藝春秋
何気ない毎日に「変化」というスパイスが追加され、これまでとまったく違う日常が訪れる。いきなりの変化に何とか今日を過ごしても、すぐに明日はやってくる。その明日が、辛いか楽しいかは本人次第。そう、明日は誰にも平等にやってくるのだ。つまり「気の持ちようだ」とこの作品は気づかせてくれます。主人公2人のコミカルなやりとりと適時に入ってくる感動的なセリフが飽きることなく一気に読ませてくれます。
◆無料試し読み
★この作品を読む
謎解きはディナーのあとで
レンさん
レンさんプロフィール
【出身地】千葉県
【好きな食べ物】ハンバーグ
【好きな季節】夏
【趣味】バドミントン

さらっと読めるミステリー


【受賞賞】
本屋大賞
【作家】
涌井学(著)・黒岩勉(脚本)・東川篤哉(原作)
【出版社】
小学館
ドラマにもなっていたので、原作が気になって読んでみました♪変わらず影山は執事なのにお嬢様にめちゃくちゃ失礼で、ズバッと一言言うシーンが最高に面白い!麗子と影山のちょっとコメディータッチな掛け合いはこの作品の1つの見どころです。ミステリーだけど面白おかしく笑えるシーンも多く、一話一話が短編なので重くなくさらっと読めます。ミステリー小説を普段読まない初心者の人にもおすすめです★
◆無料試し読み
★この作品を読む

伝え方が9割
ケーヤマさん
ケーヤマさんのプロフィール
【出身地】東京
【好きな食べ物】冷麦&大根おろしをたっぷり入れた麺つゆ
【好きな季節】秋
【趣味】そば助に通うこと

コミュニケーションの『技術本』!


【受賞賞】
ビジネス賞大賞 2014 書店賞受賞
【作家】
佐々木圭一
【出版社】
ダイヤモンド社
例えば仕事で、恋愛で、他者と関わる以上僕らは様々な局面に出くわし、そして願わくばそこで自分の希望通りに事を運びたいと思っててます。だけども、言葉のチョイスや伝え方を間違えたせいで、残念な結果に終わることが多々あります。 そんな悩みに応えるべく、この本では『伝え方は才能ではなく、料理のレシピのように技術であり、誰でも巧くなれるもの』という内容をわかりやすく体系化して教えてくれます。 ちょっと角度を変えただけでこんなに結果が違うなんて!ビジネスマンはぜひ一読を!
◆無料試し読み
★この作品を読む
詳細検索

※複数の単語で検索する場合は、単語の間に半角スペースを入力してください。
はじめての方へ
よくある質問
▲TOPへ

※複数の単語で検索したい場合は、単語の間に半角スペースを入力してください。