いつでも書店
  • 使い方
  • ログイン
  • 新規登録
VILLAGE/VANGUARDのオススメ本!!特集
十人十色 愛の形 2013年10月号 池袋サンシャインシティアルタ店
次に読むなら、コレ!!ランキング
遊べる本屋「ヴィレッジヴァンガード」の名物店員達がオススメ本を紹介します。ヴィレヴァンならではのチョイスで新しい本の出会いを!
記念すべき第一回のテーマは「十人十色 愛の形」。あなたは全力で愛しているものありますか?対象も人それぞれだけど、愛の形だって様々です。色んな人間の色んな愛の形、覗いてみませんか?
インノサン少年十字軍
手書きPOP

【作者名】古屋兎丸
【作品紹介文】
13世紀のヨーロッパで実際に存在した少年十字軍を題材にして、聖都エルサレムを目指し行軍する少年達の悲劇な運命を描いた作品。神の愛をまっすぐ信じる主人公と、それとは違った思惑を持つ心が未発達な少年たちは、それぞれの信じる愛によってすれ違っていってしまう。
この本を読む
姉の結婚
手書きPOP

【作者名】西炯子
【作品紹介文】
もう恋愛とか結婚とか煩わしい、そんな境地のアラフォーのヨリの前に現れた謎のイケメン真木。彼のペースにどんどん狂わされ追いつめられるヨリだが、彼は妻帯者だった。そんなドロドロした設定なのに、なぜか読んでいてストンと気持ちがハマる作品。精神科医でもある真木の言葉は、ヨリだけじゃなく読者の心にも響くのだ。
この本を読む

ルサンチマン
手書きPOP

【作者名】花沢健吾
【作品紹介文】
印刷工場に勤める拓郎は、ブサイク・30歳・彼女無し・童貞。現実の女に全く相手にされない拓郎は、友人の勧めでギャルゲーに手を出すが、そこで出会ったAIの女の子によって運命が動き始める。正直言って、主人公はブサイクだしハゲかかっているしソープ行くしでヒドいものだが、なぜか彼の愛を全力で応援したくなる!
この本を読む
鶏肉倶楽部
手書きPOP

【作者名】中村明日美子
【作品紹介文】
BL界のカリスマ、中村明日美子の鮮烈デビュー作。鶏肉を愛するセレブ達の集い「鶏肉倶楽部」、そこに所属する若き青年と、その青年に愛された鶏の艶かしい一夜に、あなたは悶々とすることでしょう。エログロ好きにはたまらない一冊。でも品があるのは中村明日美子の絵ならでは!
この本を読む

渋谷区円山町
手書きPOP

【作者名】おかざき真里
【作品紹介文】
ラブホテル街を舞台に、様々な男女の出会いや別れを描いたオムニバス作品。男女の数だけドラマがあり、時には恋愛だけじゃない違った愛のカタチも確かに存在する、心のほっとするお話が盛りだくさん。
この本を読む
座敷女
手書きPOP

【作者名】望月峯太郎
【作品紹介文】
呼び鈴、電話、合鍵…その女は確実に近づいてくる…!!ストーカーという言葉がメジャーになる前にストーカーをモチーフにした作品でもあり、心理的な恐怖がものすごい。ロングコートにロングヘアで大柄、サチコの執着心に誰しもが慄く!ストーカーという異形の愛(?)をとくとご覧あれ!
この本を読む

さくらん
手書きPOP

【作者名】安野モヨコ
【作品紹介文】
蜷川実花監督で実写化された映画の方を知っている人も多いかも。江戸吉原で育ったきよ葉が花魁になるまでの生涯を描いた作品。花魁の華やかな世界と、その裏にあるドロドロした世界を、椎名林檎をBGMにご覧あれ。
この本を読む
きりひと讃歌
手書きPOP

【作者名】手塚治虫
【作品紹介文】
徐々に犬のような風貌に変わり、最終的には死に至る難病“モンモウ病”。これの治療にあたっていた小山内は自らも罹患してしまい、更に医学会の陰謀に巻き込まれて行く。犬のような風貌になってもなお戦う彼に、手を差し伸べる女たち。彼女らの命を張った愛には涙を流さずにはいられない。人間の尊厳とは?と問う作品。
この本を読む

にこたま
手書きPOP

【作者名】渡辺ペコ
【作品紹介文】
長年付き合ってきたふたり。仲も良いし、お互いの事も理解しているし、そろそろ結婚?と思いきや、なんと彼が浮気して子供まで…!?仕事とか結婚とか子作りとか、オトナ女子なら共感できちゃう悩みが多いかも。大人だけど大人になれない、好きだけどそれだけじゃ前に進めない、そんなオトナ思春期白書。
この本を読む
火の鳥
手書きPOP

【作者名】手塚治虫
【作品紹介文】
物語は、飲めば永遠の命を得られるという「火の鳥」と、その鳥と関わることで悩み、苦しみ、運命に翻弄される人間たちの話。『火の鳥』を読めば、手塚治虫がなぜ天才と呼ばれるかがわかると思う。この人には未来がみえていたのか!?宇宙規模で描かれる生命・愛・人間の本質、手塚治虫の生涯をかけた大作。
この本を読む

お慕い申し上げます
手書きPOP

【作者名】朔ユキ蔵
【作品紹介文】
やや男性よりの視点で描かれた、お寺を舞台にしたラブ?ストーリー。主人公の清玄と同僚の清徹、ヒロインの節子の三角関係の話だが、坊さんのくせに色欲・嫉妬・執着がものすごい!日本の寺の実情の話も興味深く、ある意味、寺の存在が身近に感じられていいかも。
この本を読む
俺物語!!
手書きPOP

【作者名】アルコ・河原和音
【作品紹介文】
表紙で戸惑う人続出。えっ、少女漫画だよね…まさかこのゴリラみたいなゴツい人がヒーローじゃないよね?いいえ、そのまさかです。でも騙されたと思って一話読んでみて!近年見ないその男気に惚れない人はいない!!でも電車で読むのは要注意デス!不意打ちで笑わしてきます。
この本を読む

聖☆おにいさん SAINT☆YOUNG MEN
手書きPOP

【作者名】中村光
【作品紹介文】
ブッダとイエスが天界の休日を地上で過ごそうと、立川に安アパートを借りて暮らす日々を描いたゆるーい日常系コメディ。アガペー(無償の愛)に溢れた、隣人や弟子達とのやりとりに思わず笑える。本来の各宗教の逸話や伝説を知っている人だと、より一層楽しめるかも。
この本を読む
ライチ☆光クラブ
手書きPOP

【作者名】古屋兎丸
【作品紹介文】
古屋兎丸の代表作ともいえる、マシンと少女の恋物語。原作は伝説の舞台、東京グランギニョルの演劇である。血なまぐさくも美しい、マシンを作った少年達に多くのファンが生まれた。少年たちの幼さ故の狂気や愚かさ、そして古屋兎丸の美し過ぎる絵に戦慄と興奮が止まらない!※グロ注意!
この本を読む

式の前日
手書きPOP

【作者名】穂積
【作品紹介文】
デビュー作でいきなりの大ヒット!タイトルの通り、式の前日の男女の話を含め、兄弟、親子など、色んな“ふたり”のよみきり短編集。こういうオチかなっていうのをひっくり返してくる。新人とは思えない完成度に、泣く人続出!
この本を読む
2週間のアバンチュール
手書きPOP

【作者名】中村明日美子
【作品紹介文】
初期の短編から最新作まで全4作を収録した傑作短編集。おススメは『ヒメコちゃん』。高校の時の同級生に久々に再開すると、菊池くんは可愛い可愛い女の子になっていて…性別を超えた甘酸っぱい想い出から、大人と子供の間で揺れる少女の毒々しい夏の思い出まで、耽美な世界を味わえる。
この本を読む

臨死!! 江古田ちゃん
手書きPOP

【作者名】瀧波ユカリ
【作品紹介文】
江古田ちゃんを見ていると、生きる活力が湧いてきます。世の中に溢れる男女を江古田ちゃんがメッタ切り!猛禽女子なんかに負けてなるものか!世の中の男性諸君に読んで頂いて、ぜひ女の本音&生態を知って欲しい。
この本を読む
ブッダ
手書きPOP

【作者名】手塚治虫
【作品紹介文】
手塚治虫独自の視点で描かれたブッダ伝で、実在した人物と手塚オリジナルの人物が入り交じる。2000年以上前のカースト制度に支配されたインドを舞台に、シッダルタ(のちのブッダ)の運命を描く。人が誰しも一度は考える「人はなぜ生きて死ぬのか」がテーマ。でも、難しい漫画なんでしょ?と思っている人は損するぞ!
この本を読む

ストロボ・エッジ
手書きPOP

【作者名】咲坂伊緒
【作品紹介文】
もうやり尽くされたと思われた王道少女コミック…ところがトキメキはまだここにあった!どうせ可愛い子とイケメンが色々あってくっつくんでしょ…そんなこじらせ女子の心すら掴む、“きゅん”盛り沢山の最強コミック。息子が生まれたら絶対レンて名前にしよ。
この本を読む
潔く柔く
手書きPOP

【作者名】いくえみ綾
【作品紹介文】
大人気、いくえみ綾の大ヒット作。高校生を中心とした登場人物たちのそれぞれの成長や恋愛模様を、それぞれの視点からオムニバス形式に描かれたもの。バックグラウンドや心理描写か細かく、漫画を読んでいるというより、一本の映画を観ているような気分にさせてくれる。そして“いくえみ男子”が人気の理由にも納得!
この本を読む

ブラック・ジャック
手書きPOP

【作者名】手塚治虫
【作品紹介文】
天才の無免許医。これでわからない人はいないくらい有名な漫画だけど、若い人は案外ちゃんと読んだことない人もいるのかも。面白いのは神がかった医術だけじゃない、ブラック・ジャックのユーモアのセンスだったり、ピノコへの愛情だったり、若い時の恋心だったり…人間味溢れる彼だからこそ、大ヒットした医療漫画の金字塔。
この本を読む
人間仮免中
手書きPOP

【作者名】卯月妙子
【作品紹介文】
夫の借金&自殺、自分の病気&自殺未遂、仕事も色々やってAV女優だって経験した。そんな波瀾万丈な作者が36歳で25歳年上のボビーと恋をする。年の差はもちろん、その後も統合失調症、失明など人生の波は止まる所をしらない。すべてを乗り越え愛し合うふたりの日々を描いた、感動のコミックエッセイ!
この本を読む

娚の一生
手書きPOP

【作者名】西炯子
【作品紹介文】
仕事はできるが恋愛は微妙、そんな感じで30代に突入した堂園つぐみ(独身)は、祖母の死をきっかけに田舎暮らしを始める。そこで出会った50過ぎの男性は、なんと祖母の恋人だった…?たぶん誰しもが思うはず、『50過ぎのおっさんにこんなに魅力があるなんて』と。世に枯専を増やしたヒット作。
この本を読む
GANTZ
手書きPOP

【作者名】奥浩哉
【作品紹介文】
死んだはずの玄野計は、気付くとマンションの一室に居た。そして訳の分からないままに“星人”との戦いに巻き込まれていく。ガンツ独特の衣装や武器も魅力の一つだが、『正義とはなんだ』をテーマに人間と星人と各々の葛藤が描かれる。ただ、星人はちょっとトラウマになるかも…
この本を読む

【今月の担当者】
池袋サンシャインシティアルタ店
コミック担当
勝二 由衣

プロフィール
一か月の本代が食費を上回ってあっぷあっぷのアラサー。最近、念願のハンモックを買ったが、揺られながら読書をしていたら酔って気持ち悪くなった。
バックナンバー
詳細検索

※複数の単語で検索する場合は、単語の間に半角スペースを入力してください。
はじめての方へ
よくある質問
▲TOPへ

※複数の単語で検索したい場合は、単語の間に半角スペースを入力してください。